めなりに含まれるビルベリーエキスは目に良い成分

      2018/05/25

めなりに含まれる成分の一つにゼアキサンチンという成分があります。

ゼアキサンチンをルテインと一緒に摂取してみると、より光によるダメージから目を防御してくれる働きがあります。

ルテインは水晶体などにある成分で抗酸化作用が強いのが特徴の緑黄色野菜に含まれる黄色の天然色素で重要な成分です。ルテインの強い抗酸化力は加齢による白内障など効果を発揮するといわれていて、めなりはマリーゴールドから生成された天然ルテインで作られていて、体に吸収されやすい特徴があります。

また、ブルーベリーには目にいい成分が含まれていますが、めなりに使われているのはブルーベリーではなくビルベリーです。

ビルベリーエキスはブルーベリーよりもアントシアニン量が2倍以上もあって、原材料がどれだけすごいかわかるはず。めなりはビルベーリーエキスをウリにしていて、一番多く含まれる材料がビルベリーエキスはなのは当然。

さらに成分がベストの比率で組み合わされていて、通常のエキスより2倍以上の吸収力を持っています。

そして、めなりはルテイン以外にビルベリーエキス170mg配合で、ここが人気の理由。

そしてビルベリーエキスは特許をとったものですから一度飲んで実感してもらいたいです。そしてこれと相性いい抗酸化力があるゼアキサンチンも2.4mg配合されていて、眼精疲労など目の障害を抑えるクロセチンやビタミンEの船場にの抗酸化力があるアスタキサンチンも含まれます。

 - 特徴